JTB 旅物語
   どんとこい! 感動のトルコ 8日間

home トルコ地図

tezasi No1.世界遺産トロイ古代遺跡



 東京(成田) トルコ・イスタンブールへ  東京(成田)発 (13:05)〜モスクワ着(17:25) 発(22:25)〜イスタンブール着(0:20)〜ホテル着(1:00)。
所要時間=18時間15分(内5時間は乗り継ぎ待ち時間)。時差7時間。


 トロイ 世界遺産トロイ古代遺跡 イスタンブールホテル〜トロイ 移動345Km
ドイツ人・シュリーマンが木馬伝説を信じ、最初は笑いモノにされながらも見事発掘された遺跡。
トロイ〜アイワルク 移動150Km

tezasi No2.アクロポリス古代遺跡・エフェソス古代遺跡



 ベルガマ アクロポリス古代遺跡 アイワルク〜ベルガマ 移動60Km
アレキサンダー大王の死後、ペルガモン王国の首都として栄えたペルガモン。ヘレニズム文化が華ひらいた都でもある。 アクロポリスには紀元前4世紀に建てられたアテナ神殿、20万巻もの蔵書を誇った図書館、大劇場、紀元前2世紀初頭に建てられたゼウスの祭壇などがある。図書館遺跡は現在、ドイツにある。
ベルガマ〜エフェソス 移動190Km
 エフェソス エフェソス古代遺跡 小アジアの西海岸に栄えた古代都市。『新約聖書』ではエペソと書かれる。紀元前11世紀末ごろに建設され、イオニア12都市の一つとして、前6世紀ごろから植民と貿易により発展した。
エフェソス〜バムッカレ 移動185Km

tezasiNo3.世界遺産 石灰棚・ヒエラポリス遺跡・
                        メヴィラーナ博物館



 バムッカレ
石灰棚
「足湯」に入れる。靴を入るビニール袋を用意すると便利。
ヒエラポリス古代遺跡。 石灰棚の上の遺跡。
紀元前190年に始まった都市遺跡で、同じ時代のものとしては最も内陸部にあります。
バムッカレ〜コンヤ 移動410Km
 コンヤ メヴィラーナ博物館 唯一コンヤが教団創設の地であったこのメヴィラーナ教だけが1970年の緩和政策により再開現存 現在のコーヒー液を作り上げたのは、スーフィー派という旋回舞踏の聖職者達
コンヤ〜カッパドキア 移動230Km

tezasi No4.カイマルク地下街・トルコ石と絨毯・
          世界遺産 ギョレメ谷他・キャラバンサラエ



 カッパドキア カイマクル地下街
戦禍を逃れるための避難所。アリの巣のように地下8層とか9層をなしている。生活の必需品を携帯して、地下都市に逃げ込んで時が過ぎる半年とか1年間待った。
トルコ石と絨毯の店
世界遺産 ギョレメ谷
ギョレメには岩窟教会が集中している谷があり、野外博物館として公開されている。 現在見学できる岩の住居や教会の多くは、6世紀頃、アラブ人から逃れたキリスト教徒たちが造ったものです。 ツアーでは遠くから眺めただけでした。
世界遺産 ウチヒサール
       (鳩の谷)
岩に掘られた鳩小屋が沢山ある集落の谷。鳩の糞は肥料に使われたそうです。遠望
世界遺産 パシャバー
       (しめじ岩)
乱立するしめじキノコ岩群。小人になったような気がします。
世界遺産 デヴレント
       (らくだ岩)
岩が、本当にラクダのように見えました。
世界遺産スリ‐シスターズ
      (三姉妹の岩)
三姉妹の謂れを聞き落してしまいました。
キャラバンサラエ
カッパドキヤ〜アンカラ   移動310Km
アンカラ〜イスタンブール 移動460Km(アンカラエキスプレス) 

tezasi No5.エキスプレス号・海峡クルーズ・トプカプ宮殿・
          地下宮殿・グランドバザール・ベリーダンス



 イスタンブール 海峡クルーズ
東西文化の架け橋といわれる海峡の街イスタンブールは、世界で唯一 ヨーロッパとアジアにまたがる街で、その地理的な特異性は、3つの帝 国の首都となったという歴史のドラマとこの街独特のエキゾチシズムを 生みだし、いまもその面影を残しています。 イスタンブール歴史地域 は世界遺産(文化遺産)に登録されています。
トプカプ宮殿
金角湾、ボスボラス海峡、マルマラ海を一望できる丘の上に建つトプカプ宮殿は1465年から1478年にかけてメフメット2世により建造され、1856年のドルマバフチェ宮殿への移転までの約370年間スルタンの居城でした。
地下宮殿
地下宮殿は、イスタンブルにある東ローマ帝国の大貯水槽。 ... 現在は一般にも公開され世界遺産にも登録されている。
グランドバザール
Grand Bazarとは直訳すれば『巨大市場』 ... トルコのイスタンブール旧市街のど真ん中にあるグランド・バザール

tezasi No6.世界遺産 ブルーモスク・アヤソフィア



 イスタンブール 世界遺産 ブルーモスク
世界で唯一優美な6本のミナレットと直径27.5mの大ドームをもち、内部は数万枚のイズニク製の青い装飾タイルやステンドグラスで彩られ、白地に青の色調の美しさからブルーモスクとも呼ばれる。
アヤソフィア博物館
360年にコンスタンティヌス2世の時代に完成し、537年からビザンチン様式の聖堂として再建され、ビザンチン帝国時代が終わりを告げるまでギリシャ正教の総本山だった。1453年、コンスタンティノープル陥落後、メフメット2世によりジャミイに改められ、モザイクは漆喰に塗りこめられた。トルコ共和国となった1934年にアタチュルクによって博物館として開放されるという数奇な運命を辿った.
8

 イスタンブール 東京(成田)へ  イスタンブール発 (14:15)〜モスクワ着(18:10) 発(19:40)〜東京(成田)着(10:55)。
所要時間=13時間40分(内1時間30分は乗り継ぎ待ち時間)。時差7時間