写真データの保管について
写真データの保管について
home
 デジカメデータの保管方法を纏めてみました。

 ※撮ってきた写真は、日付別対象(場所とかテーマ)毎にフォルダを作って収納し、この収納 済みフォルダを「パソコン内の固定ディスク」と「外付け固定ディスク」の双方に 保存しています。

具体的手順

多分、どのメーカーのカメラでも以下の@〜Bは同じ扱いになると思います。

@ カメラから磁気媒体を取り出してパソコンに装着するとディスプレイに
 「DICM」が表示されます。

dumy 磁気記憶媒体の例
dumy

A表示された「DICM」をダブルクリックしてDICMを開くと自分が使っている
 カメラのフォルダ名「D70S」が表示されます。(カメラのメーカーにより名称は
 異なります)

B「D70S」をダブルクリックしてD70Sを開くと今迄に撮った個々の写真データが
 一覧で表示されます。


CBで表示されている写真データを保存するフォルダを作る訳ですが、私の
 場合は写真を撮った「日付と場所(または被写体名)」でフォルダを作ります。
 事例では、2009.01.05に梨ヶ原と花の都で撮っているということで「2009.01.05
 梨ヶ原」と「2009.01.05 花の都」の2つのフォルダを作っています。

dumy

D個々の写真データを該当のフォルダに移動していきます。
 具体的には上記Bで表示された個々の写真のデータを見て「2009.01.05 梨
 ヶ原」または「2009.01.05 花の都」のいずれかのフォルダに移動させます。

EDの移動完了後、すでに作られている上位フォルダ、事例では「2009.上期」
 のフォルダに「2009.01.05 梨ヶ原」及び「2009.01.05 花の都」のフォルダを
 移動します。

dumy

 (注 実際は上位フォルダ「2009.上期」の中に「2009.01.05 梨ヶ原」及び
 「2009.01.05 花の都」のフォルダを作るのでEの移動作業は発生しません)

 以上でパソコンへの保存は完了です。

F次に「2009.01.05 梨ヶ原」及び「2009.01.05 花の都」のフォルダをコピーし、
 バックアップとして外付け固定ディスク(ローカルディスクX)に保存しています。

dumy 外付け磁気ディスクの例の例

※もう一度整理してみると次のような構成図になります。

dumy
以上
home